自分自身で心と身体をコントロール

ピラティスとヨガの違いは?

ピラティスはヨガと比べられることが多いものですが、厳密にはヨガとは全く別物です。

ヨガは瞑想効果(マインドフル)を主体とし、身体に負荷を与えながら肉体的(特に柔軟性)にアジャストしていくという意味合いが強いですが・・

ピラティスの場合は正しい呼吸と動きで姿勢を改善し、『鍛える』というよりは『コントロールしながら整える』(専門用語で【コントロロジー】と言います)感覚に近いです。

最終的にはピラティスを日常生活に取り入れ日々の生活習慣を変えていくことで、人間が本来持ち合わせている『完璧な身体』に戻していくことが理想と考えられております。

ピラティスがなぜ良いのか?

筋トレで身体をガシガシ鍛えるのも良いですが、実際にはピラティスをした方が鍛られるという意見もあります。

それはピラティスが身体の構造をしっかり理解し、インナーマッスル(骨や神経の周りにある外からは見えない筋肉)とコア(背骨を中心とした体幹)をコントロールしていくことができるからです。

ピラティスはまず【姿勢】を整えることが重要です。
各所の痛み・疲労・肥満などの大半は『身体の歪み』が影響しています。

身体の軸(背骨・体幹)を整えることで・・

◆血流やリンパが安定することで、基礎代謝量が上がりホルモンバランスも整います(むくみ・冷え症なども改善)

◆脳へ繋がる神経がより活性化することで、活力が生まれ明るく前向きな思考になります

◆気管が広がるため、深く呼吸することが可能になり疲れにくい身体になります

◆各臓器が的確な位置を保てるため、それぞれの臓器が100%機能してくれます

単発のレッスンで大きな効果は生まれませんが、継続していくことでピラティスの持つ素晴らしい効果を多く感じることができるはずです。

必要以上に負荷をかけることが無いので、運動不足の方や運動が苦手な方(自信の無い方)でもピラティスなら無理なく始められます

ダイエット効果がある?

体重が落ちるエクササイズでは無いので短期的なダイエットには不向きです。ピラティスは基礎代謝量を上げることができますので長期的にはダイエット効果も生まれます…

だけど、体重だけ落ちればいいですか?

ピラティスは『ウエストを引き締めたい(薄く・くびれ)』『足を細くしたい』『二の腕を痩せたい』などインナーマッスルとコアをコントロールすることでダイエット効果だけではなく理想のボディメイクが可能です。

そして、しっかりボディメイクをすると『太りにくい身体』が作れることもピラティス効果の1つです。

姿勢

ピラティスでは、よく『整える』という言葉を使います。生活の中で歪んでしまった身体を『解剖学』に基づいた一連の動作を繰り返すことで、人間本来の状態(赤ちゃんのような身体)に戻し、また見た目も美しい身体のラインが出来ます。

  • 肩こり/腰痛など痛み改善
  • 心肺機能の向上
  • ダイエット効果
  • ホルモンバランスの正常化
  • 歪み/むくみの解消
  • 基礎代謝アップ

体幹

『体幹』とは身体の軸(頭と四肢を除く)で特に背骨を意識します。体幹が安定することで姿勢がよくなることは当然ですが、前後左右のバランスも良くなり身体への負荷が軽減されたり、運動能力の向上にも繋がります。

  • 疲れにくい身体
  • ケガ予防
  • ダンス/ゴルフなど運動機能向上
  • 骨盤の正常化(安産)
  • 神経系の活性化
  • 呼吸の安定

神経

呼吸法(胸式呼吸)とエクササイズ(動き)で『自律神経』、特に『交感神経』が活性化され、また血液循環もより多く働くことで基礎代謝が上がります。
この呼吸とエクササイズを意識的に行うことで、脳神経を活性化させ、明るく前向き(チャレンジ精神旺盛)な自分を発見できます。

  • 瞑想効果
  • シナプス効果
  • インナーマッスルの発達
  • 快眠効果
  • ポジティブになる
  • 柔軟性の向上

背骨や骨盤の動きに焦点を当てたエクササイズを実践することで、理想的な姿勢と動作法を身に付けます。
その結果、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に発揮することが出来るようになり、『姿勢崩れ』から起こっている慢性的な痛みの改善や、ケガの予防、運動パフォーマンスの向上、リハビリテーションまでを可能にします(マット&マシンを交互に行うことでより大きな効果が生まれます)

『機能的な』ピラティス

「10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」

創設者(ジョセフ・ピラティス)の言葉

ピラティスを始められた方のきっかけは様々で、医師や理学療法士に勧められた人、美容目的、またダンサーやバレリーナのように体幹が重要な動きをされる人には必ずといって言いほどみなさんから必要とされているメソッドです。

また近年は病気や怪我の予防や、潜在能力の発揮、パフォーマンス向上などに効果があるとも言われております。

ジョセフ・ピラティスは『機能的な身体』の動きを身に付ける独自のシステムを病院のベッドを改良しピラティスを考案しました。

ピラティスはコントロロジー(自分で自分の身体をコントロールする)という別名の通り、日常生活の中で取り入れ、そして日常生活の中で身体を変えることができる素晴らしいエクササイズです。

まずは姿勢を『整える』こと!
そこから人間が本来持ち合わせている完璧な身体を取り戻すためにピラティスを学びましょう♪

PAGE TOP